大人アトピーの治し方ブログ

中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

12月の近況報告-年末年始も不摂生せず乗り切った

この時期こそ規則正しい生活が大事!

クリスマス、忘年会、大晦日、正月、新年会…と飲む機会が増える年末年始は、大人アトピーの人にとって最も気をつけねばならない時期です。

自らを振り返ると大人アトピーを発症する前からこの時期は、暴飲暴食による体調不良や肌荒れなどで毎年ひどい有様でした。

朝から炬燵で駅伝を見ながら酒を飲んで、うたた寝して起きたらまた食って飲んで…なんてことをやってたらそりゃ体調も悪くなるし肌もボロボロになりますよね。

しかしアトピーと戦う身となった今となっては、もうこれまでと同じ轍は踏みません。ご馳走続きで誘惑が多い年末年始もできる限り自制して、節度ある食事を心がけることに。
その甲斐あって、今年は肌にトラブルが現れることもなく無事に正月を超すことができましたね。

具体的にどういうことをしたかといいますと、まずステーキやすき焼きなど食べる機会の多かった肉類は脂身の部分を徹底的に除いて、赤身の部分だけを食すようにしました。
サシが入ってる和牛は脂の避けようがないのでそのまま食べますが食べる量をセーブ。1~2枚でやめときます。

うまそうなオードブルやおせち料理なんかにもほとんど箸をつけずに、食べるのは専ら刺身と野菜の煮物ばかりといった感じでしたね。

めでたい正月なので酒は普段より多く飲みましたが、アルコールを口にする度にトマトジュースのソーダ割をチェイサーとして胃に流し込んでたら、深酒や二日酔いとは無縁で済みました。

トマトジュースってそんなに好きじゃないのですが、炭酸で割るとさっぱりして断然飲みやすくなります。それより何より、日ごろから炭水化物(糖質)を制限してるせいなのか、久々に飲んだトマトジュースがすごくおいしく感じたんですよ。

体が炭水化物を欲していたんでしょうね。意外なほどゴクゴクいけちゃうんで自分でもびっくりしました。

あと、念には念をいれてウコンのサプリメントを就寝前に服用。CMでもやってるとおりウコンは疲れた肝臓を労わるとのことなので、どんなものか試しに飲み始めたんですが、なかなかいいような気がしますね。

目が覚めたとき前日にアルコールを飲んだ感覚が全然ないのはかなり効いてる証拠だと思います。気だるい感じが全くありません。

こんなことならもっと早くからウコンを習慣的に飲んでおけばよかったなあ。
ウコンの効果効能については、追って記事にまとめるつもりです。

まあ、年末年始もジム通いは続けてましたからね。大晦日の夕方までトレーニングをして、運動を休んだのはわずかに元日のみ。
そんで走り初めは一月二日と、囚われたかのように体を動かしてましたから正月気分に浸る間がほとんどなかったですね。

こんな調子でわりとストイックなお正月を過ごしておりました。今年こそアトピー完治を達成するべくもうひと踏ん張りしようと新年の決意も新たにしたところです。

-治療のためにしたこと
-