大人アトピーの治し方ブログ

中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

7月の近況報告-冷たいもののとりすぎで腸内環境が悪化

2017/09/05

せっかく育てた腸内フローラが…


まったく暑い日が続いてイヤになりますね。夏は本当に嫌いです。

若いころはまだ「ひと夏のアバンチュール」などを期待する気持ちもありましたが、社会人になってからはただ暑くてウザいだけの季節です。

近年は「夏の思い出」さえ特にないですしね。それでも今年は「アトピーと対峙した夏」として記憶されるかもしれません。

なので、これまでやってきたことの成果がこの夏の間に表れてほしいところなのですが、逆に7月はやや後退気味になってしまいました。

あんなに快調だった胃腸の具合が悪くなり、それに呼応するように新たな湿疹が足首に広がってしまったんです。

原因はわかってます。この暑さです。

あまりに暑いものだから、つい冷たいものを飲んだり食べたりしたせいで、腹の調子がすっかり悪くなってしまいました。
ここ数か月、ごくたまにしか飲まなかったビールを一週間くらい連続して飲んでしまったのもいけなかったかもしれません。と言っても一日に1缶だけなんですけどね…。

そういったわけで、毎日快便だったのがまず便秘になり、その後連日やや下痢気味の日が続いています。
発酵食品や食物繊維をたくさん食べて大事に育ててきた腸内フローラがこれで台無しです。
また一から腸内細菌を増やしていかなくてはなりません。

やっぱ冷たいものは胃腸によくないですね。ちょっとお腹に入れただけなのに、立ちどころに消化のはたらきがおかしくなります。
でもわかってはいるんですけど、こう暑いとつい飲み物に氷を入れたりアイスクリームを食べたりしちゃうんですよね…。
あわてて自制しましたが、腸内フローラの立て直しには少々時間がかかりそうです。

皮膚炎の変化

先月に引き続き皮膚の状態がどう変わったか、画像で見比べてみます。

2017年6月末の左足首

左足首に湿疹が出始めて3日目くらいに撮った写真です。
この時はまだ胃腸の具合もよかったのですが、少々の痒みを伴う湿疹ができてしまいました。


2017年7月末の左足首

海水浴をした後は一時的によくなったのですが、その後腸内環境が乱れたからか、肌が乾燥しがちになり浸出液が出たりするようになりました。

続いてふくらはぎの様子です。

2017年4月末の左足ふくらはぎ


2017年6月末の同じ箇所


2017年7月末の同じ箇所

最初に比べたら明らかに湿疹の跡が薄れてきています。ここには新しい湿疹は現れてません。
僕の場合は一か所に繰り返し湿疹が出るのではなく、炎症が起きる場所が移動していくのが特徴です。

そして最後に太ももから尻にかけてのあたり。
2017年4月の左足太もも


2017年6月末の同じ箇所


2017年7月末の左足太もも

ここもすこーしずつではありますが、跡が薄れてきています。
まあ、治っていくとは思いますが、まだまだ時間がかかりそうですね。

体調について

このところ腸内環境が乱れ気味と再三言いましたが、それにより皮膚に変化があったのは左足首だけで、他は特に悪いわけではないんですよね。

日焼けと減量のせいなのか、家内には顔の色つやはむしろよくなったと言われます。これ以上後戻りするのはいやなので、また完治に向かって確実に前進できるようにしたいです。

このくそ暑い中でも毎日ウォーキングは続けています。というか、歩いているだけでは飽き足らずついに走り出してしまいました。
40代になってランニングを始めるなんて全く思ってませんでしたよ。これもアトピーのおかげですね。

10年くらい前に一時期ジョギングをしてたことがあったのですが、その時よりも走れるのが意外でした。
理由は明白で、タバコをやめたからですね。

1kmを6分くらいのゆったりしたペースですが、ウォーキングとは比較にならないくらい汗が出ます。
熱中症はもちろん、脳卒中や脳梗塞にならないよう十分に気をつけないといけませんね。
アトピーを治す前に死んじゃったらシャレになりませんからね。

体重はさらに2kg減りました。4月と比べると8kg落ちたことになります。
もうこれ以上は体を細くしたくないので、タンパク質をしっかり摂るために鶏肉をほぼ毎日食べてます。

6月が足踏み状態で、7月は一歩後退でした。8月はもう一度初心に立ち返り、自分を律して食生活に気をつけたいと思います。

-治療のためにしたこと
-