大人アトピーの治し方ブログ

中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

汗をかくとアトピーが悪化するって本当?

正しく汗をかいて皮膚炎改善を目指そう


今回は汗とアトピーの関係について考えたいと思います。

たくさん汗をかくと服にシミができてしまったり、いやな匂いの原因となったりすることから「汗っかきは損」というイメージがあります。

僕もかつてサラリーマンをしていた頃は、蒸し暑い夏場には制汗グッズを駆使して必死で汗を抑えておりました。
汗をかいた部分が服の袖や襟と擦れてすぐにあせもができちゃうんですよね。

アトピー性皮膚炎の人は汗をかいてしまうとかゆみや腫れの症状が悪化してしまうため、日差しや運動を極力控えているというかたが多いと思われます。
たいていの人は「汗をかくことは肌トラブルを引き起こす原因」と考えているのではないでしょうか。

では、発汗がどのようなプロセスを経て体や皮膚に影響を与えるのか、この点を詳しく検証してみましょう。

運動等による発汗は本来アトピー改善に役立つ

発汗による悪影響を述べる前にまず言っておかなくちゃいけないのは、体を動かして汗をかくことは必ずしも悪いことばかりではなく、むしろアトピーの症状改善に役立つ場合もあるってこと。発汗にだってメリットはあるんです。

アトピー性皮膚炎の人は多くの場合発汗機能が低下していて、ゆっくりと少しずつしか汗をかくことができなくなってます。
そのため体内に熱がこもってしまいがちで、皮膚がかゆくなるケースが多くみられます。

だから適度に運動することを習慣づけて、うまく汗がかける体質にしていくことが大切なんですよね。

そうすれば血液の循環が良化し、体内に蓄積した余計な水分や活性酸素を円滑に排出できるようになって、各臓器は健康な状態を保てるようになります。

特に消化器官の働きが良くなると栄養素がスムーズに体全体へと行き渡るので、免疫機能の正常化に繋がります。
毎度申すとおりアトピーは免疫機能の誤作動が原因。免疫システムを整えば、アトピーは快方へと向かっていくはずです。

また、健康な消化器官は新しい細胞の生成を活発にし、肌細胞のターンオーバーを促します。
アトピーによる炎症を起こしている細胞も短期間で新しく健康な細胞へと変わり、症状改善が期待できます。

汗をかくことで肌の乾燥を予防

発汗による保湿作用もアトピーの症状改善に役立つ効果のひとつです。

汗には尿素を始めとした肌表面の湿度を適切に保つ成分が含まれているのですが、汗をかいてこうした成分が十分に分泌されることで肌の乾燥を防ぐことができます。

アトピーによる炎症は肌が乾燥しているとさらに悪化しますから、運動などをして汗を定期的にかくことは本来症状の改善に役立つはずなんです。

加えて特筆したいのが、肌組織で増殖する悪玉菌を殺菌する効果。
乾燥した肌では黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が急速に増えてしまうのですが、汗をかき肌を弱酸性に保つことでこれを抑えることができます。

定期的に発汗を促すことは、肌のバリア機能を高めて皮膚の健康状態を改善する上でとても重要なことなんです。

さらに、汗腺が開くことで毛穴内部に蓄積した老廃物が排出され、毛穴の詰まりによる炎症などのトラブルも未然に防げるなどの利点もあります。

汗をかくのも悪いことばかりじゃないってことがおわかりいただけたでしょうか。

汗のかき方で症状が悪化することも

では、「汗をかいたらアトピーの症状が悪化した」という人は何が問題だったのでしょう?

上で述べたとおり、汗をたくさんかくとその分代謝が促進されることは事実なのですが、汗をかいたまま放置するのはいけません。
というのも汗が持つ抗菌作用の効果は短時間でなくなってしまうからです。

汗が肌の表面に長時間残ると、乾燥した成分が汗腺に詰まって逆に肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。また汗で浮き出た皮脂がハウスダストなどと混ざると炎症の原因にもなります。

発汗がかゆみをもたらすメカニズム

アトピー性皮膚炎を患っている人が「汗をかくと皮膚がかゆくなる」という場合、原因は発汗機能の衰えにあるケースがほとんどです。

かゆみを引き起こす主な物質であるヒスタミンには、発汗の働きを低下させる作用があります。だから、アトピーの人は汗をかくことが苦手になりやすいんですね。

発汗機能が普通に作用している人は、アトピーであっても発汗によるかゆみを感じることは非常に少ないとされていますが、発汗機能が衰えていると、運動で体内に発生した熱を汗腺から発散させることができず、皮下組織である「真皮」に汗がどんどんと染みだしてしまいます。

この汗が炎症の発生している個所を刺激してしまうことで強いかゆみが発生する、とこういうメカニズムになってるわけです。

なお、発散されずに毛穴付近でこもってしまった熱もかゆみを引き起こす原因と言われています。

発汗時における正しいスキンケア

発汗は肌のバリア機能を高めて代謝を活性化する上で欠かすことができないプロセス。
正しく処理をすることで肌の健康を増進することができ、皮膚炎が悪化するリスクも大きく下げることができます。

ポイントは「清潔な状態に保つこと」です。大量の汗をかいたり、あるいはべとつくような汗をかいた場合には、相当量の塩分や尿素が肌表面に残っています。

ですからダニやハウスダストと反応して炎症を引き起こす前に、とにかく汗をかいたらシャワーで綺麗に洗い流すのがベストです。

ただ仕事中などはそうそうシャワーを浴びれるわけではないですよね。

そういう場合は、清潔なハンドタオルやウエットティッシュなどで肌を押さえるようにして汗を拭きとりましょう。なるべく小まめにやったほうがいいです。

それも難しい場合は、なるべく汗を吸い取りやすい素材の肌着を身に着けるのがベターな方法です。

夏場には綿100%のTシャツを好んで着るかたが多いと思いますが、木綿は吸汗性には優れてますが乾きにくいため肌がベタついた状態が長く続きます。

最近は各衣料メーカーやスポーツメーカーが吸汗性と速乾性両方を兼ね備えた素材を開発していますので、そうしたシャツを着用することをおすすめします。

次に体の洗い方ですが、石鹸やボディーソープを原液のまま直接肌に塗布するのは過剰な刺激となるので避けましょう。
スポンジで十分に泡立てて、その泡で優しく洗い流すようにします。

お風呂上がりに再び汗をかくことを防ぐため、シャワーのお湯はぬるめで。

汗を流し終わったら低刺激の保湿液や保湿クリームを使ってすぐに肌を保護すること。
アミノ酸やスクワランを配合した保湿剤は乾燥を防ぐ効果が非常に高いとされています。

特に夏場はじっとりとした汗をかきやすく肌トラブルになりやすいので、こまめに汗を拭きとって肌を清潔な状態に維持することが大切です。

汗をかくにはウォーキングがおすすめ

発汗のメリットと正しいスキンケアがわかったところで、実践に移りましょう。適度な運動をして汗をかくのです。

と言っても日ごろ体を動かしてないかたは、急に運動しろと言われてもハードルが高いですよね。

いきなりジョギングや筋トレを始めるのは難しいでしょうから、まずはウォーキングから始めてみてください。

ウォーキングというと、全身スポーツウェアで固めて競歩みたいなフォームで歩くことをイメージされるかもしれませんが、そんな大げさに考える必要はありません。散歩や通勤・通学の延長として考えてもらえればOKです。

毎日通う駅までの道のりをほんの少し大きな歩幅で速めに歩くだけで、もう立派なウォーキングです。

その際に強くおすすめしたいのが、音楽を聴きながら歩くこと。

大人アトピーの治し方ブログ
 
大人アトピーの治し方ブログ
中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

大人アトピーの治し方ブログ
大人アトピーの治し方ブログ
中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

こちらの記事で紹介しているとおり、BPM120(1分間に120歩)前後のテンポの曲に合わせて歩くと、まるで踊ってるような気分になってすごく楽しくなりますよ。

僕なんかすっかりハマってしまい、ウォーキングが高じて今やフルマラソンに挑戦しようかって勢いになっちゃいましたからね。
最近ではランニングとワークアウトを1時間半みっちりやって、毎日頭から水をかぶったみたいに汗をかいてます。

もちろんここまでやることはありません。最初は30分を目標に軽く体が火照るくらいの運動から始めましょう。

週に3日程度でも十分です。続けられる範囲でやってみてください。ストレス解消にもなるし、アトピー改善にほんと効果がありますよ。

-治療のためにしたこと
-