大人アトピーの治し方ブログ

中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

運動不足解消のためウォーキングを始めた

2017/09/15

運動で皮膚炎が改善するか?


適度な運動が湿疹やアトピー性皮膚炎の改善に効果があるという話はよく耳にします。
これは疑いないでしょう。
人間、家でゴロゴロしてるより負担にならない程度に体を動かしたほうが健康にいいに決まってます。
むしろ適度な運動がマイナスとなる生活習慣病がもしあるなら教えてほしいくらいです。

僕はというと自他ともに認める運動不足でした。
何しろ在宅で仕事をしてるものですから、通勤のために駅まで歩く程度の運動すらしません。

その気になれば家から一歩も出ずに何日でも生活できたのですが、さすがにそれはまずいという思いが頭の片隅にはあったので、毎日近所のコンビニに煙草を買いに行くくらいはしてましたけどね。
まあ気休め程度の効果しかなかったですけど。

そんな生活を1年くらい続けている中で湿疹が出始めたので、やはり運動不足と皮膚の疾患は関連があると疑わざるを得ませんでした。

そこで若い頃より重くなった腰をようやく上げ運動をすることに。ジョギングは四十路男にはややハードルが高いと思い、とりあえずウォーキングを始めました。
その成果をご報告する前に、まず運動が皮膚炎治療に与えるメリットを考えてみたいと思います。

運動がアトピーや皮膚炎に与える効果

①発汗・基礎代謝アップによるデトックス効果
②良い睡眠が取れることで免疫力が高まる
③ストレスが発散され自律神経が整う

以上のような効果が見込めると言われています。

なんでもアトピー等の皮膚疾患を抱える人の多くは、発汗量が健康な人の半分以下で、しかもアルカリ性の汗のため炎症の原因となる黄色ブドウ球菌が皮膚で繁殖しやすくなっているのだとか。
でも運動を継続して行っていれば発汗量・ph値ともに正常に戻り、弱酸性の汗をしっかりとかくことができるようになるそうです。
また基礎代謝がよくなるため、老廃物を体内に溜めず排出させることができる体質になります。近年美容法としてデトックスが女性の間で人気ですが、これは皮膚疾患の改善にも役立ちます。

僕自身、運動を始めてから夜ぐっすりと眠れるようになりました。
以前は痒みのために目が覚めて朝まで眠れないこともよくありましたが、最近は適度な疲れによって上質な睡眠がとれてます。
アトピーや湿疹は免疫機能のバランスの崩れによって引き起こされること多いのですが、免疫力アップに運動と睡眠は欠かせません。

それから何といっても運動は気分転換になるしストレス解消にも繋がります。
運動自体を心地よく感じられたらベストですが、そうでなくてもウォーキングやランニングをしながら景色を眺めたり新しくできた店を発見したりと色々な楽しみがあります。

そんなわけで1ヶ月前から皮膚炎治療のため毎日ウォーキングをしています。
午後に約1時間5~6kmほどですが、やってみたら思った以上にいいですね、これは。

本来僕は体を動かすのは好きなほうで、昔は山歩きなんかも結構してたんです。
それがここ数年、仕事が立て込んでたこともありすっかり運動をしなくなってましたが、久々に汗をかくことの気持ちよさを思い出しました。

できるだけ早く大股で歩いているので、1時間ほどでも全身にうっすら汗をかきます。
好きな音楽を聴きながらの息が切れない程度の運動は本当に爽快で、午前中から「早く午後のウォーキングの時間が来ないかな♪」と楽しみにしてるほどです。
雨の日でさえも近場のイオンモールまで車で行き、その中を1時間くらいぐるぐる歩いてます。

気持ちのいい疲労感で夜によく眠れるようになりましたし、煙草を止めてからというもの体重が増える一方でしたが、お陰様で少し腹がへこみました。

ほんともっと早く始めればよかったなあ。

で、肌のほうなんですが、著しくとは言いませんが少しずつ効果が出ている気がします。
新たに湿疹が出ることがなくなりましたし、元からあったものも徐々に落ち着いてきてるようです。
ステロイド軟膏をただ塗ってただけの時より、明らかに状態がいいと思います

これまで湿疹対策のためにやってきたことの中では、ウォーキングが一番効果があったと言っても過言ではないかもしれません。
いい具合に運動の習慣ができたので、今後も続けていくつもりです。

運動が皮膚炎に与えるデメリット

このとおりいいことずくめのウォーキングですが、注意する点もあるので書いときますね。

まず先ほども言いましたが、普段運動不足の方の汗はアルカリ性のため黄色ブドウ球菌を増殖させて皮膚炎が悪化することがあります。
ですので運動した後はシャワーを浴びるとか、すぐに汗を拭きとる等を対策をしてください。

また運動による血行の促進が、強いかゆみを引き起こすこともあります。
僕の場合は、湿疹が一番ひどい状態を過ぎてしばらくしてからウォーキングを始めたので強い痒みに襲われることはありませんでした。
やはり皮膚炎がひどい時には安静にしていて、ある程度沈静化してから運動をしたほうがいいと思います。
それと、僕は運動が楽しくなっちゃったあまり毎日そこらじゅうを歩き回ってますが、そこまで熱くやる必要は全くありません。
1回につき30分程度、週に3~4日やるだけでも十分効果はあると言われています。自分のペースで無理をしないで続けてください。

ウォーキングを続けるために

最後に、絶対に三日坊主で終わっちゃうという方のために、ウォーキングを続けるためのコツをご紹介。

コースをいろいろ変えてみる

同じ道ばかり歩いていたらそりゃ飽きちゃいます。通ったことのない道を散歩感覚で歩いてみましょう。
僕のおすすめは、車や電車でお洒落な街や景色のいい公園などに移動しそこを歩いてみること。よさげなカフェを発見したら入ってOK! ダイエットのためにやってるんじゃないんだから全然ありでしょう。

音楽を聴きながら歩く

僕がウォーキングを続けていられる理由はこれですね。
平日は歩き過ぎると仕事に支障を来すので自重してますが、お気に入りの「ベビメタ」と「リトグリ」を聴きながらだったら何時間だって歩けます。

おすすめのウォーキングソングを紹介する記事を書きました

大人アトピーの治し方ブログ
 
大人アトピーの治し方ブログ
中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

大人アトピーの治し方ブログ
大人アトピーの治し方ブログ
中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

ウォーキングアプリを使ってみる

無料で利用できるウォーキング用のアプリがいくつもリリースされています。
単なる歩数計ではなく、消費カロリーやこれまで歩いた累計距離を表示してくれるものなどゲーム感覚でウォーキングができます。

アンドロイドのウォーキングアプリ

iPhone・iPadのウォーキングアプリ

どうぞ皆さんもウォーキングを始めてみてください。マジで気持ちいいですよ。

-治療のためにしたこと
-