大人アトピーの治し方ブログ

中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

ウォーキングに合うBPM120~126のJ-pop名曲選!

2018/05/03

歩くテンポにぴったりの最強邦楽を厳選しました!


つい3ヶ月前に運動不足解消のために始めたウォーキングですが、完全にその気持ちよさにハマってしまいました。


近ごろは日に10km以上歩くことが当たり前になってきたうえに、雨や大風の日にまでウォーキングに出かけるので妻から呆れられています。

ここまでハマったのは単純に歩くのが楽しいからですが、やはり音楽が果たしてる役割が非常に大きいですね。
お気に入りの曲のビートに足取りを合わせて歩くと、ダンスをしてるような気分になってテンションが上がります。
心身の健康によくておまけに金もかからない。ほんといい趣味ができましたよ。

ウォーキングに最適なテンポは?

僕の歩くテンポは、BPM122(1分間に122拍)の曲がちょうどぴったりマッチします。そこそこの早歩きって感じですね。
BPM120でも快適で、BPM126までならなんとかついていけます。
でもBPM128だと早すぎるし、BPM118ではちょっと遅いと感じてしまうかな。

そこで、ウォーキングに最適なBPM120~126くらいの曲を、邦楽のヒット曲の中から集めてみました。
ドラムの音が明確でリズムが取りやすいことを条件にしています。
踊るように歩けるテンポなので、気持ちが高揚するしスポーツしてる気分にもなりますよ。

注意事項
記載してるBPMには多少の誤差があります。
四十代のおっさんによるセレクトのため、なつかしい曲の割合が非常に高くなっております。
曲名をクリックするとYouTubeにリンクします。

最強のウォーキングソング集

『渚』スピッツ BPM123

スピッツには、"ウォーキングソングの帝王"の称号を勝手に贈らせていただきます。
これ以外にも、『冷たい頬』(BPM123)、『魔法のコトバ』(BPM124)、『青い車』(BPM122)など名曲ぞろいで、スピッツだけでウォーキング用のプレイリストが作れちゃうほど。
草野正宗の描く詩世界は、BPM120前後で展開されるのが一番しっくりくるんですね。
自分の歩行速度に合う曲をお探しのかたは、まずはスピッツのアルバムからチェックすることをおすすめします。

『そして僕は途方にくれる』大沢誉志幸 BPM120
『イージュー★ライダー』奥田民生 BPM120
『全部抱きしめて』KinKi Kids BPM124

ウォーキングってことで「道」をイメージさせる曲を選んでみました。
「そして僕は途方にくれる」は80年代を代表する名曲のひとつ。シンセドラムに同調してステップを踏むと心地いいですよ。
「イージュー★ライダー」はアルバムverとシングルverでテンポが違うみたいです。奥田民生の『さすらい』もちょっとゆっくりめのウォーキングに使えます。

『夏色』ゆず BPM120
『若者のすべて』フジファブリック BPM124
『あなただけを』サザンオールスターズ BPM123

おっくうになりがちな夏場のウォーキングを盛り上げてくれる曲がこれら。
いずれも「永遠の夏の名曲」と言っていいのではないでしょうか。
サザンでは他に『Bye Bye My Love』(BPM125)とか。サザンってあれだけヒット曲があるのに、BPM120前後の曲が意外と少ないんですよね。
夏を歌ったものではありませんが、SPEEDの『Body And Soul』(BPM123)なんかも夏向きかな?

『promise』広瀬香美 BPM124
『クリスマスキャロルの頃には』稲垣潤一 BPM120

夏の曲を紹介したので、今度は冬のうたを。
ウインターソングの女王・広瀬香美は『ロマンスの神様』(BPM126)や『ゲレンデがとけるほど恋したい』(BPM126)でもよかったんですが、あえて「ゲッダン」のほうをチョイス。切ないメロディーが冬に合うんですよねー。

『淋しい熱帯魚』Wink BPM122
『CHA-CHA-CHA』石井明美 BPM124

古っ! こんなん喜ぶの四十過ぎのおっさんだけだろ! と言いたい気持ちもわかりますが、試しに歩きながら聞いてみてくださいよ。
ユーロビートとチャチャチャのリズムがバブル期の浮ついた気分にひたらせ、見慣れた舗道がたちまちダンスフロアに変わりますから!
おっさんじゃなくてもきっとアガるはず!

『Sweet Soul Revue』Pizzicato Five BPM125
『恋しくて』小沢健二 BPM120
『Innocent World』Mr.Children BPM120

今どき"渋谷系"なんっつても、若い人はほとんどわからないでしょうね。
90年代ってバブル崩壊後の暗いイメージがあるけど、気分的には明るかったような気がします。少なくとも現在のような閉塞感はなかったはず。自分が若かっただけかな?

『ら・ら・ら』大黒摩季 BPM121
『恋心』相川七瀬 BPM122
『アジアの純真』PUFFY BPM126
『Stand Up』倉木麻衣 BPM124
『JOY』Yuki BPM121

どうもリストがおっさん臭くなってきたので、女性にも人気の曲をチョイス。といってもおばさん限定ですが…。
OL時代にカラオケでこれらの曲を熱唱してた皆さんも、結婚・出産を経てダイエットが必要な体型になりつつあるのではないでしょうか。
Yukiといえば、ジュディマリの『くじら12号』もBPM124なんですけど、ちょっとリズムがとりにくいんですよね。歩きやすいのは断然『JOY』ですね。

『あなたに会えてよかった』小泉今日子 BPM124
『今夜はHearty Party』竹内まりや BPM120
『ボーイフレンド』aiko BPM120
『翼の折れたエンジェル』中村あゆみ BPM120

ついでなんで熟女のかた向けのカラオケ定番ソングをもう少しご紹介。懐かしさにひたりながら歩いてください。
こちらも→
『家に帰ろう』竹内まりや BPM124

『プライマル。』THE YELLOW MONKEY BPM125
『サウダージ』ポルノグラフィティ BPM120

テーマ別にまとめるのも面倒になってきたので、ここからは愛聴してる曲をつれづれなるままに挙げていきます。
イエモン、ポルノともに、曲だけでなく声にも推進力がありますよね。
このボーカルを聴くと勝手に足が動くから不思議です。
こちらも→
『太陽が燃えている』THE YELLOW MONKEY BPM124
『ハネウマライダー』ポルノグラフィティ BPM126

『Movin' on without you』宇多田ヒカル BPM121

宇多田ヒカルからはこの曲を。『traveling』はBPM117で僕にはちょっと遅すぎる。
『COLORS』はBPM122だけど、テンポを合わせるのがやや難しいかも。
こちらも→
『Goodbye Happiness』宇多田ヒカル BPM120

『LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~』LOVE PSYCHEDELICO BPM120

ラブサイケデリコは『Your Song』(BPM124)もいいんですが、個人的にはこっちのほうが好きですね。ゆったりしたリズムに歩調を合わせていると、曲の中に吸い込まれていきそうな感覚に陥ってすごく気持ちいいです。

『LOSER』米津玄師 BPM121
『STAY TUNE』Suchmos BPM123
『Dragon Night』SEKAI NO OWARI BPM124

古い曲ばかりをセレクトしてきたので、一応最近の曲もフォローしてるんだぞということも示しておきます。
この3曲は、都会の夜のウォーキングに合うイメージですね。

まとめ

以上、僕のウォーキングコンピレーション、いかがでしたでしょうか?
かなり偏った選曲になりましたが、歩くのが楽しくなる曲ばかりですので、よかったら参考にしてください。

耳で聴いてるだけだと好きになれなかった曲も、体を動かしながら聴くと妙にハマるってことがあります。
そういう発見があるのも、ウォーキングBGMの面白いところ。
名曲を音楽プレイヤーに吹き込んで、歩きに出かけましょう!

余談ですが、ウォーキング中に携帯してるスマホがどうも重いのでSDカード対応のデジタルプレイヤーを買いました。
中国製ですがウォーキングで聴くには十分な音質。それに歩数計や録音、ストップウォッチなどの機能もついて3000円ほど!
どうせ安物なんだからとガンガン使い倒せていいですよ。おすすめです!

追記:よかったら以下の記事も合わせてどうぞ


-その他・雑談