大人アトピーの治し方ブログ

中年男が全身に出たひどい湿疹・蕁麻疹と格闘する様子を綴ります

アトピー改善に効果があった保湿剤を紹介します

肌の乾燥を防ぐことがアトピー治療の第一歩!


アトピーを治すためには、日頃からバランスの取れた食生活を送って腸内環境を整え、定期的に運動をして健康的な体を作ることが一番の近道。これが、当サイトの基本理念であります。

ステロイドに頼るのではなく体を内側から浄化してアトピーを克服していくというスタンスを第一義としておりますが、でもだからといって肌のケアを全くしなくていいと思ってるわけではありません。

これを怠ると肌の状態がいつまでたってもよくならないうえに他の部位にまで炎症が広がることもありますからね。

特に肌の乾燥を抑えることはアトピーの改善にとても有効です。

保湿に関しては、以前「ワセリンの効能」をまとめた記事で書きました。


これまで僕が最もお世話になった保湿剤はやっぱりワセリンですね。特に炎症がひどいときは乾く間もないほどに繰り返しワセリンを塗り込んでいましたし、実際に効果もありました。

併せて、炎症が収まったあとの日ごろのスキンケアには、市販の薬用クリームやアトピー肌向けの化粧水なども利用しています。

ワセリンはどうしてもベタベタするという難点がありますし、専用のスキンケア製品には保湿プラスアルファの効果も期待できます。うまく活用すればアトピーの早期改善にも繋がります。

そこで今回は、アトピー性皮膚炎と保湿剤の関係について例のごとくウンチクを垂れ流しつつ、僕が普段から使用している保湿剤をご紹介したいと思います。

肌の乾燥を防ぐことがアトピー治療の第一歩!

アトピーの方は大半が乾燥肌でしょう。皮膚が乾燥すると表面の保護機能が低下するため、炎症が起こりやすくなり肌状態の悪化を招きがちです。

また汗腺の機能が衰えていて、老廃物を排出しきれずに肌のターンオーバーがうまくいっていない人も多くみられます。

ですから、アトピーの人は保湿剤をたっぷりと塗布して肌の乾燥状態を改善することがとても重要です。

しかし一口に「保湿剤」と言っても、使用されている保湿成分は製品によってさまざま。内容物次第でアレルギー反応が出る場合がありますから、担当の皮膚科医へ相談をして保湿成分に関するアレルギー診断を受けておくと安心できます。

肌の状態が悪い時はワセリンを

重度の炎症が生じている時には、皮膚を保護して雑菌の繁殖を防いでくれるワセリンを使用するのがベストでしょう。高いコーティング能力により、患部から水分が蒸発して肌が乾燥することを防いでくれます。

ワセリンは100%自然由来成分ですので、塗布することによって炎症が悪化する心配はありません。ステロイド剤と併用しても問題はなく、また患部への刺激もわずか。大変使いやすい保湿剤と言えますね。

ワセリンはドラッグストアなどでも購入できますが、その場合は「プロペトホーム」がおすすめです。


プロぺトはワセリンの中でも非常に純度が高く、眼病の薬としても処方されるほどの低刺激ですから、重症化した個所にも安心して使用できます。
ステロイド剤を塗った上から患部全体を覆うようにして塗ると効果的です。

プロぺトでもアレルギー反応が出てしまうほどの超敏感肌の人は、最高純度のワセリン「サンホワイト」を使用するといいでしょう。


低刺激で酸化しにくく肌に付けた時の伸びが非常にいいのがこの製品のウリです。

ワセリンの中でも最上位の製品ですが、皮膚科では処方していないので、ドラッグストアやネットで「サンホワイトP1」という商品を探してみてください。

皮膚の炎症が落ち着いたときの保湿剤

炎症や湿疹がひとまず落ち着いた状態、具体的に言えば、ひどい痒みが収まってひっかき傷がなくなり浸出液などがにじみ出てこない状態になったら、ワセリンだけでなく低刺激の化粧水や保湿クリームの使用を検討してみてもいいと思います。

そうした製品には様々な美容成分が配合されており、肌のバリア機能を高めたり、ターンオーバーを促進したりといった保湿に上乗せした効果効能もあります。またワセリンと違ってサラっとしていて使用感がいいという点も普段使いには重要なポイントですね。

で、僕がまず使用した保湿化粧水がこちら『みんなの肌潤ろーしょん』です。

アトピー関連の口コミサイトやブログで多くの人が薦めていたので、そんなに評判がいいなら…と試してみることにしました。

この化粧水の特長は、まずはセラミドが配合されていること。

セラミドとは人の肌の中に存在する成分のひとつで、水分を蒸発を防ぎ肌のバリア機能を高める効果があります。

アトピーの人の多くは皮膚内のセラミドの量が少なくなっているので、保湿をしながら肌の抵抗力も高られるセラミド配合の化粧水はまさにうってつけなんですね。

で、この『みんなの肌潤ろーしょん』に採用されているのが、こんにゃくセラミドという成分。植物由来のため肌にやさしく刺激が少ないので安心して使用できます。もちろん、着色料や人工香料などは一切含まれていません。

この製品はアトピーの人が使用することを前提に、かさついた肌にも浸透しやすいように作られているんです。実際に肘とか肌がやや乾燥してるところに塗ってみても、ピリピリするようなことは全くなくてすごくいい感じです。

朝にヒゲを剃ったついでに塗れば夕方まで潤いが持続してますからかなりの保湿力と言えるでしょう。

それとありがたいのが、低刺激だからこれひとつで顔も体も全身いけちゃうってこと。男って普段化粧水や美容液をつける習慣がないので、複数の保湿剤を使い分けるのって面倒なんですよね。

その点『みんなの肌潤ろーしょん』はこれ1本で全身をカバーできるので煩わしさがありません。肌の乾燥が気になったらすぐに塗れる手軽さがグッド。「肌の潤いを維持できる保湿剤を探している」「炎症がある個所にも気兼ねなく使いたい」という人におすすめです。

僕の場合、炎症が一段落した部分に毎日塗っていたところ、湿疹等が再発することもなく赤みがかっていた皮膚もどんどん薄れていったので、肌のバリア機能が復活していることが目に見えて実感できました。

みんなの肌潤ろーしょんの公式ホームページはこちらから


日常的な乾燥予防におすすめの保湿クリーム

ただ『みんなの肌潤ろーしょん』は良い商品なのですが、少々お値段が張るのが難点なんですよね。
まあセラミド配合の保湿剤はどれも1本5000円くらいはするので、その中ではコスパがいいほうとも言えるんですけど…。

というわけで、アトピーの状態がさらによくなってきたらもう少し安価な『STEAMCREAM』の保湿クリームに切り替えました。

女性の方なら大抵ご存じでしょうか? 僕は美容関係には疎いので知りませんでしたが、結構有名みたいですね。

薦めてくれたのは、例によってうちのカミさんです。

妻は以前からこのブランドのファンで、製品の確かさもさることながら可愛らしい缶のデザインがお気に入りなんだとか。確かにいろんなパッケージがあって見てて楽しいですね。

こちらのクリームはアーモンドオイル、カカオバター、ホホバオイルなど98.5%が天然由来成分でできており、肌にやさしくて保湿力が高い点が支持されてる理由。シンプルでナチュラルというコンセプトには共感できます。

特にホホバオイルは、肌を保湿してうるおいを与えるだけでなく抗菌作用もあるので炎症の予防にも最適なんです。

こちらも顔・体問わず使えるうえ、髪の毛につけてもOK。さらっとしていて伸びがいいので使い勝手が抜群です。ひげを剃った後とか肌が乾燥してきたなと感じたときに塗ってますが、荒れることなく健康的な肌を保てていてすごく満足しています。

女子力高めの商品ですが、おっさんが使うのも全然アリ。我が家は夫婦で分け合って使ってます。もっとも支払いは全額僕が負担してるんですけど…。

ちなみに男性向けにデザインされた容器もちゃんと用意されてますのでよかったらお試しください。

↓STEAMCREAMの公式ホームページはこちらから



というわけで、今回は僕が愛用している保湿剤をご紹介しました。それでは、また。

-治療のためにしたこと
-,